清水綾乃選手!全日本テニス選手権93rd 優勝致しました!

今年10月に開催いたしました「三菱 全日本テニス選手権 93rd」大阪府大阪市・ITC靱テニスセンター/ハードコート)にてサポート契約をしております清水綾乃選手がシングルス優勝、混合ダブルス優勝いたしました!おめでとうございます!

この大会前に弊社へコメントもいただきました。

『いつもサポートありがとうございます。unicalの製品のお陰でいつも頑張れています。全日本選手権も全力で頑張ります!』

熱い気持ちと伴に、全力プレーが今回の素晴らしい結果に結びついたのだろうと思います。

これからの活躍もユニカ食品はしっかり応援していきたいと思います。

OWS(オープンウォータースイミング)に協賛しています

OWS(オープンウォータースイミング)に協賛しております!

OWS(オープンウォータースイミング)とは、海や川・湖といった自然の水の中で行われる長距離水泳競技です。水質、天候、潮汐等、自然条件の影響を受けることから、競泳とは異なる技術や知識が必要とされる競技です。2008年から北京オリンピックで新種目として10kmが実施されております。(公益財団法人 日本水泳連盟HPより参照)
公式HPを見ていただくと国内外で数多く大会が開催されており、競技人口も増えつつある競技なのではないでしょうか!

2020年東京オリンピックまで3年!目が離せないOWS!応援していきます!

公式HP
https://www.swim.or.jp/compe_ows/

デフバレー女子日本代表チーム優勝祝賀会

デフバレー女子日本代表チーム優勝祝賀会にご招待いただきました!
10月1日、7月に開催された「第23回夏季デフリンピック競技大会サムスン2017」にて女子日本代表チームの優勝祝賀会に伺いました。

開場には過去オリンピックで活躍された選手の方々、その他たくさんの関係者がお祝いに駆けつけ、盛大なものでした。

試合映像も上映され、予選リーグから決勝トーナメントまで7戦全勝のストレート勝利!
2001年以来、16年ぶりの金メダル獲得!!

その厳しい戦いを制した女子日本代表チームの勇姿はとても感動的でした。
またずっしりと重みのある金メダルをかけさせていただきました!
貴重な体験でした!ありがとうございます!

来春にまた日本代表が再集合し、2021年のデフリンピックに向けて合宿が始まるとのことでしたので、これからもサポートしていきたいと思います。

デフバレーボール女子日本代表チーム、優勝!!
おめでとうございます!

デフリンピックとは
「デフ(聴覚障害者)」と「オリンピック」を合わせた言葉です。戦前より「世界ろうあ者競技大会」を4年ごとに開催し、2001年のイタリア大会からIOC(国際オリンピック委員会)より承認を受けて「デフリンピック」に改称されました。
※4年に一度、障害者のオリンピックとして「パラリンピック」が開催されておりますが、聴覚障害者の参加は認められておりません。それは他の障害に比べて身体>能力が高いという理由があるようです。バレーボールやバスケットボールといった集団競技は、選手間の互いの意志疎通が重要となってくるため、オリンピックのようなレベルの高い大会への出場は困難になるようです。(一般社団法人日本デフバレーボール協会より参照)

『第3回京都高雄マウンテンマラソン』に協賛

日本一ハードなハーフマラソン 『第3回京都高雄マウンテンマラソン』に協賛しております!
開催日は2017年12月17日(日)です。

まだまだ挑戦者を募集しておりますよ!是非ご参加してみてはいかがでしょうか!
ユニカ食品からは【吸収型カルシウム】商品を協賛させていただきます。
これからもユニカ食品はマラソンランナーを応援していきます。

京都高雄マウンテンマラソンとは?
普段は車しか通行することのできない嵐山-高雄パークウエイを舞台に「日本一ハードな」ハーフマラソン。
累積標高694mという屈指の山岳コースです。

公式HP
http://d-s-kyoto.com/event/

「一般社団法人 日本デフバレーボール協会」とオフィシャルサプライヤー契約を締結しました。

ユニカ食品株式会社は、2016年より 一般社団法人 日本デフバレーボール協会とオフィシャルサプライヤー契約を締結いたしました。
弊社のアスリート向け製品である『アスリートカルシウム』と『シトリックV3000』で選手のコンディショニングをサポートしていきます。

 

デフバレーとは?デフ(聴覚障害者)によるバレーボールのこと。チームメイトの声、審判の笛の音、ボールをはじく音などが聞こえない状態でプレーをする。一般社団法人日本 デフバレーボール協会が主催するものとして、デフカップやビーチカップがある。また、最高峰の国際大会としてはデフリンピックがあるほか、世界選手権など も行われている。インドアは6人制、ビーチバレーは2人制で行われ、それぞれコートや用具、競技形式など一般のバレーボールのルールと同じである。(ネットの高さ:男子2.43m、女子2.24m)
(以上、日本デフバレー協会Webサイトより引用)

U-15ベトナム・日本 親善サッカー大会ユニカルカップに協賛しました

2017年3月25日と26日、U-15ベトナム・日本親善大会ユニカルカップ2017が
ベトナムのハノイ市で開催されました。
今大会には、ベトナムからU-15ハノイFC、U-15タインホア、U-15ベトテル、
日本からは愛知県のU-15モノリスFCの4チームが出場。
国を越え若い選手たちの精一杯のプレーに、大きな声援と拍手を送りました!

ユニカルカルシウムはベトナムへ!
様々なお料理用にご利用いただける「ユニカルカルシウム炊飯用」
海を越えてベトナムにも輸出することになりました。
現在10校ほどの学校で、給食のご飯に使われています。
ユニカルカルシウムが入ったご飯をたくさん食べて、大きくなってほしい。

ユニカ食品は、ベトナムの子どもたちの健康も見守っていきます。

〜日本一ハードなハーフマラソン〜第2回京都高雄マウンテンマラソンに協賛しました

12月23日、京都嵐山?高雄パークウェイで第2回京都高雄マウンテンマラソン大会が行われ、全国より約900名の選手が参加しました。
全国でも珍しい、のぼり坂とくだり坂のみで構成されたコースを、選手の皆さんは元気に走行していました。
クリスマスも間近な季節だったので、サンタさんも走っていました。果たして、無事にプレゼントは届いたのでしょうか。
ユニカ食品からは、入賞者にランナーの栄養ケアアイテムであるアスリートカルシウムシトリックV3000をプレゼント!
これからもユニカ食品はマラソンランナーを応援していきます。
 
京都高雄マウンテンマラソンとは?
普段は車しか通行することのできない嵐山-高雄パークウエイを舞台に「日本一ハードな」ハーフマラソン。
累積標高694mという屈指の山岳コースです。
今回で2回目の開催でしたが、今後ますます人気が出そうなマラソンコースです。

第27回 鵠南杯【鵠南フットボールクラブ招待サッカー大会】に協賛しました

今回で27回目の開催となる鵠南フットボール招待サッカー大会。鵠南FC主催による、小学4年生を主体とした選手達による2日間にわたる熱い戦いを応援してきました。

初日は天気も良くてサッカー日和、二日目はあいにくの天気となりましたが、全ての選手が精一杯の力でプレーしていました。
小学4年生とは言え、サッカーは接触プレーも多く、ケガをすることも少なくありません。

『ケガに負けない丈夫なカラダを作ってほしい。』
『できる限りケガ無くプレーを続け、いつまでもサッカーを好きでいてもらいたい。』

そんな気持ちで、全選手にアスリートカルシウムをプレゼントしてまいりました。
 
がんばれ!鵠南FCの選手達!

ユニカ食品は、スポーツを頑張る子ども達を応援しています。

第38回足利尊氏公マラソンを応援しました

去る平成27年11月1日、栃木県足利市において”第38回足利尊氏公マラソン”が開催されました。
今回、ユニカ食品は大会の協賛飲料として全ての給水所に弊社商品であるシトリックV3000をご用意し、ランナーの皆様を応援させていただきました。
大会当日は少し肌寒いくらいの晴天であり、絶好のマラソン日和。4,761名ものランナーが足利の歴史・文化・自然を感じながらそれぞれに楽しまれ、盛況のうちに幕を閉じました。

望み通りの結果を残せたランナーも、調子が今ひとつだったランナーも、また新たな目標を掲げ頑張っていただければと思います。

ユニカ食品はこれからも多くのマラソンランナーを応援して参ります。

ダンスイベント「Happy Parade Vol.2 時をかける学園」を応援しました

ユニカ食品では、去る平成25年12月28日/29日に品川六行会ホールにて開催されましたダンスイベント「学園P天国Presents Happy Parade vol.2 時をかける学園」に参加する子供達を応援しました。

背景:

ダンスはハードなスポーツであり、それと同時に肉体を使った表現です。普段私たちは完成されたパフォーマンスしか見る事ができませんが、その準備段階にはアスリートとしての肉体的ストレスと、表現者としての精神的ストレスが蓄積されているのだろうと思います。
子供達が身体の故障やストレスに負けない、健康な身体と精神を維持して欲しいという願いのもとに、ユニカ食品はカルシウムを通じて子供達を応援したいと考えました。

取材後期:

今回の取材は、本番前から伺わせていただきましたが、リハーサル、ゲネプロと本番が近づくにつれ子供達もスタッフもみるみる集中力を増していき、ついついこちらも手に汗を握ってしまいます。そんな練習の甲斐もあり本番は大盛況の元に終了。本当に素晴らしいパフォーマンスで、クライマックスでは少し涙ぐんでしまいました。

今回出演した子供達の中から、次世代のスターが生まれる事を願っております。