【レポート】第11回カルシウム勉強会

平素はユニカ食品をご愛顧いただき誠にありがとうございます。
ユニカ食品では新たな試みとして、日頃ユニカルをご愛顧頂いているお客様、販売店様、協力会社様などの垣根を越えてともにカルシウムの知識を深めていこう考え、その第一弾として毎月、カルシウム勉強会を開催しております。
今回は、第11回目です。その様子をレポートしたいと思います。

 

講義内容

 

第11回カルシウム勉強会
講師:奈良県立医科大学 産学官連携推進センター教授 梅田 智広先生
講義内容:日本の医療費削減の秘策となるか!?“健康みはり” アプリとは

 

講義の様子

 

今回は奈良県立医科大の梅田先生に講師になっていただきました。
講義の内容は、最先端の病気予防アプリでした。近年、急激な半導体の発達により、いろいろな機器が小型化してきました。その中でも、多くの病気の指針となる心電図の測定機器の縮小化につながっています。梅田先生の紹介されたアプリはその脈拍をリアルタイムで測定をして、身体の管理をするというものです。また、病気予防アプリの予防方法の指針として先ほどの心電図の他に、事前に体重などのデータを入力することで更に病気の発見を早期にできるのではないか?という内容でした。
更に今の医療費の現状などを詳しく説明いただきました。医薬品投与が多い日本で健康みはりアプリが浸透していけば、医療費の削減につながっていくのではないでしょうか?
現在、先生が開発されたアプリは地域の自治体、企業、住人の方々の協力ですでにプロジェクトとして進んでいます。先生は体調観察アプリの需要など市場分析もしており、体調管理アプリと並行して天気と体調を関連付けたアプリ開発もしています。
全国版としてアプリ配信などが始まるのも早いかもしれませんね。どんどん進化していく技術のなか医療は治療から予防に大きく動いていることを実感しました。

 

その他

 

梅田先生の書籍が近日発売だそうです。最新の体調管理アプリの紹介などがあるそうなので、是非ともお手にとってお読み下さい。
 

【レポート】第10回カルシウム勉強会

平素はユニカ食品をご愛顧いただき誠にありがとうございます。
ユニカ食品では新たな試みとして、日頃ユニカルをご愛顧頂いているお客様、販売店様、協力会社様などの垣根を越えてともにカルシウムの知識を深めていこう考え、その第一弾として毎月、カルシウム勉強会を開催しております。
今回は、第10回目です。その様子をレポートしたいと思います。

 

講義内容

 

第10回カルシウム勉強会
講師:リマレイア中目黒 代表 坂川明子先生
講義内容:ヨーガとインナーケア?Live?

 

講義の様子

 

今回はリマレイアの坂川先生に講師になって頂き、「ヨーガとインナーケア」についてお話して頂きました。過去にない盛り上がりをみせた、今回の講義では“食”と“自律神経”のバランスと“ヨーガ”について詳しくお話頂き、実際にヨーガの体験もお客様に行っていただきました。
普段では学ぶことができない日常生活でできるヨーガと呼吸法などとても好評でした。特に“自律神経”の改善のため、感情、考え方、生活習慣、食事、睡眠、呼吸、笑い、運動、銭湯、マッサージ、ヨーガ等が上げられましたが、講義では“笑い”で大きく盛り上がりました。皆さん自己紹介で大きく笑うということを行いました。皆さんはこのごろ大きな声を出して笑ったりしていますか?大きな声で笑うだけでも少し汗をかくものですよ。
講義後半にはヨーガの体験を行い、呼吸法や瞑想、簡単なヨーガをおこないました。瞑想は日本の武道などの瞑想と同じように眠りそうな1歩手前で呼吸と感情を落ち着かせ、日本でいうところの“無”の状況にはいるとすばらしい瞑想の状態となります。“無”の状態だとまわりの音も消えていくのでいい瞑想の状態になれたかがわかります。注意は時間を忘れてしまうので、時間があるときに行ってくださいね。
簡単なヨーガでは、お客様の張っている体の箇所を重点的におこないました。
皆さんもヨーガでなくても基本的な生活改善として“食事”“睡眠”“運動”を見直してみたらいかがでしょうか?
ヨーガにご興味があれば、是非、“リマレイア中目黒”の坂川先生の所に行ってみてくださいね。

 

その他

 

食の添加物だけでなく、野菜や果物に使用されているワックスや農薬も身体に良くありません。
弊社では、野菜・果物用洗剤としてカルシウムの販売を行います。
その名も“カルックリン”。
発売日が決まりましたらホームページにUPしていきますので、弊社の商品ホームページのチェックもお忘れなく!

【レポート】第9回カルシウム勉強会

平素はユニカ食品をご愛顧いただき誠にありがとうございます。
ユニカ食品では新たな試みとして、日頃ユニカルをご愛顧頂いているお客様、販売店様、協力会社様などの垣根を越えてともにカルシウムの知識を深めていこう考え、その第一弾として毎月、カルシウム勉強会を開催しております。
今回は、第9回目です。その様子をレポートしたいと思います。

 

講義内容

 

第9回カルシウム勉強会
講師:ユニカ食品株式会社 顧問 斎藤利之先生
講義内容:子ども・高齢者の暑熱対策について
〜賢く熱中症対策をしよう〜

 

講義の様子

 

今回は弊社顧問の齋藤先生に講師になって頂き、「子ども・高齢者の暑熱対策について」についてお話して頂きました。
異常気象が異常でなくなってきた、この季節、今は梅雨ですが、もう少しで夏がやってきます。暑い日が続き熱中症が多くなる季節です。皆さんは毎年、どのような対策を取っていますか?もし熱中症と思われる症状がでたら無理をせず、スポーツ飲料のようなミネラルを含んだ飲み物をゆっくり口に含んで飲みましょう。もしも、次のような症状がでたら、直ちに救急車を呼んでください。

 

・水が飲めない (水がのどを通らず、なんとか意識を保っている) 状態
・呼びかけても返事がない状態

 

このような状態になることはありえます。“自分は大丈夫”とは思わないでくださいね。
子どもと高齢者の熱中症について説明がありました。子どもの場合は熱しやすく冷めやすい体格特性を持っており、深部体温が大人より大きく上昇し熱中症のリスクが高まります。保護者の方々はお子さんの体調を観察してスポーツ飲料などミネラルを含む水分を与えてください。ご高齢の場合は加齢による体温調節能力の低下、気温に対して鈍感になる、体内水分が少ない等の影響により、気がつかないうちに熱中症になることがあります。特にご高齢のお客様、気温に対して鈍感になり冷房をかけない、もしくは冷房なんていらないと言う方、気をつけてください。屋内では気温をチェックして風通しをよくしたり、空調をつけたりして下さい。屋外では日陰に入ったり、水分(ミネラル)をこまめに取ったりして下さい。
皆様はWBGTをご存知ですか?湿度、日射・輻射などの熱環境、気温の3つの要素で導く熱さ指数です。現在、この指数を計算してくれる室内熱中症計というものが売られています。この商品はスポーツの指導者の方々には是非購入して、運動を行う環境を管理して頂きたいです。
市販で販売されているスポーツ飲料の他に、ミネラルを補給できる“経口補水液”というものがありますが、これは自分でも作れます。
レシピは以下のとおりです。

 

 

?砂糖40g(大さじ4と1/2杯)と食塩3g(小さじ1/2杯)を湯冷まし1リットルによく溶かす。
?かき混ぜて飲みやすい温度にする。
?果汁(レモン、クレープフルーツ等)を加えるとカリウムの補給にもなります。

 

簡単ですのでやってみてください。私もやってみました。…おいしくないです。市販のOS-1などおいしい経口補水液の購入をお勧めします。

 

その他

 

熱射病だけでなく運動にもミネラルが必要となりますので、是非とも弊社の“アスリートカルシウム”とクエン酸バランス飲料“シトリックV3000”をお試し下さい。スポーツをしている私のお勧めは“シトリックV3000”です。

【レポート】第8回カルシウム勉強会

平素はユニカ食品をご愛顧いただき誠にありがとうございます。
ユニカ食品では新たな試みとして、日頃ユニカルをご愛顧頂いているお客様、販売店様、協力会社様などの垣根を越えてともにカルシウムの知識を深めていこう考え、その第一弾として毎月、カルシウム勉強会を開催しております。
今回は、第8回目です。その様子をレポートしたいと思います。

 

講義内容

 

第8回カルシウム勉強会
講師:ユニカ食品株式会社 後藤好子
講義内容:美容とカルシウムで楽しく年齢を重ねるヒント!

 

講義の様子

 

今回は弊社の後藤さんに講師になって頂き、「美容とカルシウムで楽しく年齢を重ねるヒント!」についてお話して頂きました。
“美容”と聞いて関係ないって思っている男性の皆さん、関係がありますよ!
今回の勉強会は女性向でしたが、男性の皆さんにも役立つ情報が多くありました。女性も男性も共通して言えることは、年齢を重ねることによる“顔立ちの変化”“皮膚の変化”です。肌のたるみやシミそばかすは必ず起きること。起きてしまったことをいかに対処するかが若さを保つ上で必要になってきます。
講義の内容を少し紹介しますね。

 

 

年齢による肌の変化は
・水分の減少
・紫外線の影響
・ストレス
が主な原因です。

 

 

それぞれの対処の仕方は
・乾燥させない&水分補給(水分摂取、化粧水、ラッピング)
・紫外線の強さと多さ(特に季節4月?10月 時間10時?2時に日焼け止めを使用)
・バランスの良い食事、不足はサプリメント活用、黄金の眠り時間(22時?26時)に睡眠をとる
と紹介がありました。
特にカルシウムは吸収性が悪く補給が難しいですが、吸収性が牛乳の約1.4倍の弊社ユニカルを摂取して頂けたらうれしいです。

 

 

次に顔立ちの変化の対処は、男性には難しいですがメイクアップにより若くみせることが可能です。メイクアップ術も簡単に紹介がありました。血色感を演出する頬紅の活用やアイラインの書き方など等、女性のお客様は深くうなずいていました。
講師の後藤さんがおっしゃるには「マツコデラックスのメイクアップはとてもうまくて見入ってしまう」とのことでした。皆さんも是非マツコデラックスがテレビに出ているときはメイクにも注目してくださいね。

 

その他

 

今回の講義では、3月2日から発売した桑麦茶の試飲を行いました。
ダイエットサポート飲料になっております。
現在、数量限定で新発売キャンペーンを行っておりますので、是非とも弊社ホームページよりご購入下さい。
香ばしくて飲みやすいお茶ですよ。

【レポート】第7回カルシウム勉強会

平素はユニカ食品をご愛顧いただき誠にありがとうございます。
ユニカ食品では新たな試みとして、日頃ユニカルをご愛顧頂いているお客様、販売店様、協力会社様などの垣根を越えてともにカルシウムの知識を深めていこう考え、その第一弾として毎月、カルシウム勉強会を開催しております。
今回は、第7回目です。その様子をレポートしたいと思います。

 

講義内容

 

第7回カルシウム勉強会
講師:食アスリート協会 神藤 啓司代表
講義内容:銭湯養生訓

 

講義の様子

 

今回は食アスリート協会の神藤 啓司代表に講師になって頂き、「銭湯養生訓」をヒートショックプロテインについてお話して頂きました。
一般的にはぬるま湯の半身浴が健康に良いとされています。しかし、“温泉”や“銭湯”で熱いお湯につかった方がシャッとするときありませんか? 

これは医学的にも証明されている“ヒートショックプロテイン”という体内物質が関係しているようです。講師の神藤代表は医学的に証明される前、スポーツ選手時代に疲労が抜けやすいこの現象に気づき昔から実践していたようです。皆さんも何気ない生活の一部が他にない健康法かもしれませんね。

HPSは医学的には熱いお湯につかることでより代謝と免疫力を高めることができるようです。さらにHPSはストレスや傷害などで傷ついたタンパク質を修復したり、疲労物質を減らしたりする働きがあります。身体を42℃に加温するとHSPが増え、細胞が元気になる。けれど1つ注意があります。水分補給は必ずしてくださいね。

これから暖かくなり、冷房をつける時期になっていきます。冷房で体調を崩したり、身体の冷えを感じたり、半身浴でも身体が温まらないなと感じ方は、是非、週二回42℃のお湯に10分つかりましょう。

皆さんもご自宅近くの銭湯に行ってみてはいかがでしょうか?HPSの増加のほかに地域の方々とのコミュニケーションも広がりますよ。都内と名古屋の銭湯には神藤式銭湯入浴法のポスターが貼ってありますので、入り方の参考にしてくださいね。もしなかったら、お店の人に「神藤式のポスターないですね」って言ってくださいね。

 

その他

 

今回の講義をして頂きました神藤代表の本が株式会社草隆社より『銭湯養生訓』が出版されております。今回講義に参加できなかった方、ヒートショックプロテインに興味ある方は購入いただいてみてはいかがでしょうか?
神藤啓司著『銭湯養生訓』を購入

【レポート】第6回カルシウム勉強会

平素はユニカ食品をご愛顧いただき誠にありがとうございます。
ユニカ食品では新たな試みとして、日頃ユニカルをご愛顧頂いているお客様、販売店様、協力会社様などの垣根を越えてともにカルシウムの知識を深めていこう考え、その第一弾として毎月、カルシウム勉強会を開催しております。
今回は、第6回目です。その様子をレポートしたいと思います。

 

講義内容

 

第6回カルシウム勉強会
講師:ユニカ食品学術顧問 医学博士 楊 榮展
講義内容:春のお悩みとカルシウムの関係性とは?

 

講義の様子

 

今回は弊社学術顧問の楊 榮展 医学博士が講師になり、「春のお悩みとカルシウムの関係性」をテーマにお肌と睡眠についてお話して頂きました。
“カルシウムがお肌と睡眠に何の関係があるの?”と思っていませんか?
カルシウムが足りなくなると血液中のカルシウム濃度が下がり、副甲状腺ホルモンが多めに分泌されます。副甲状腺ホルモンの働きにより、骨からカルシウムが血液の中に必要以上に溶け出し、骨粗鬆症、細胞や血管に沈着等になり、体の不調が引き起こされ、真皮以下の新陳代謝が悪くなり肌荒れ(皮膚の老化)に繋がります。肌だけでなく骨粗鬆症等の病気に繋がる可能性が怖いですね。
また、カルシウム不足により副甲状腺ホルモンの分泌が多くなると、睡眠にも影響があります。睡眠中に、副甲状腺ホルモンにより交感神経が刺激されて、覚醒、すなわち起きてしまうのです。このように交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうことにより、金縛りのように頭がさえているのに体(筋肉)が動かない状態になる可能性があります。金縛りになったみなさん幽霊を疑うまえにカルシウムの摂取を考えましょう。血液中のカルシウムが下がっているのかもれませんよ。

若さの保持に必要な大きな影響要因の1つは睡眠です。先の通りカルシウムのバランスが崩れると深い睡眠がとれなくなり若さを保つ要因を1つ無くすことに繋がります。
よって若さと美肌を保つためには血液中のカルシウム濃度を一定に維持することが必要となります。
皆さん!血液中のカルシウム濃度を保つために吸収のよいカルシウム摂取をしましょう。
皆さんはご存知だと思いますが弊社のカルシウムは特許と臨床試験がある吸収性の高いカルシウムなのでお勧めですよ。

 

その他

 

今回の講義では、3月2日から発売した桑麦茶の試飲を行いました。
ダイエットサポート飲料になっております。
現在、数量限定で新発売キャンペーンを行っておりますので、是非とも弊社ホームページよりご購入下さい。
香ばしくて飲みやすいお茶ですよ。
 

【レポート】第5回カルシウム勉強会

平素はユニカ食品をご愛顧いただき誠にありがとうございます。
ユニカ食品では新たな試みとして、日頃ユニカルをご愛顧頂いているお客様、販売店様、協力会社様などの垣根を越えてともにカルシウムの知識を深めていこう考え、その第一弾として毎月、カルシウム勉強会を開催しております。
今回は、第5回目です。その様子をレポートしたいと思います。

 

講義内容

 

第5回カルシウム勉強会
講師:仲山真由美
講義内容:日頃から行える薬膳食

 

講義の様子

 

今回はFang・Song・Fang 国際薬膳師の仲山先生が講師になり、「日頃の食事」をテーマに中医学の特徴でもある薬膳についてお話して頂きました。
皆様は中医学とはご存知でしょうか?数千年という長い歴史に裏付けられた、中医薬学の理論と臨床経験に基づく中国の伝統医学、いわゆる中国漢方です。 中医学の特徴である整体観念と弁証論治から薬膳とのかかわりを先生に講義していただきました。人体は、自然界から様々な影響を受けています(外部環境、気候、ストレスなど)。また一方で、人体それ自身も自然とバランスを取りながら、内部でさまざまな部位が影響し合っています。一人ひとりの体質にあった薬膳としての食材の選定など楽しく語っていただき、お客様も楽しく過ごせたのではないでしょうか?
また、講義後半では、しそ生姜茶の試飲と生姜糖の試食をしました。しそ生姜茶はしそと生姜の風味が効き、体があたたまる味でした。生姜糖には弊社の炊飯用カルシウムをいれ、甘く、生姜の辛さがあり、ほどよく甘さがあり、体があたたまりました。
中医学ではカルシウムは、五臓の働きの『肝』と『心』と『腎』にリンクするところがあり、視点を変えていくと、カルシウムの多くの可能性に気づくきっかけになりました。

 

その他

 

今回の講義では、しそ生姜茶の試飲や生姜Ca糖の試食を行いました。
簡単にレシピを紹介しますね。
・しそ生姜茶
材料:生姜のみじん切り5g、しその葉5g
調理方法:生姜をマグカップにいれ、お湯をいれて、しそを入れて5分おきます。お好みでお砂糖を入れてお飲み下さい。
ポイント:しその葉はちぎって入れるとしその風味が増しますよ。
・生姜Ca糖
材料:生姜100g、水1/4カップ、砂糖70〜100g、グラニュー糖30g、炊飯用Ca1包
調理方法:生姜の汚れを濡れふきんできれいに拭き、薄切りにして、ザルにのせ、半日干す。
鍋に干した生姜と水をいれ、さっと混ぜて弱火にかける。
ふたをして、沸々したら砂糖と炊飯用Caを加え、蓋をして沸々した状態で30?40分煮る。
バットにグラニュー糖を準備し、水分が残っている熱いうちに煮た生姜をバットにあけ、グラニュー糖と絡める。
ポイント:生姜はできるだけうすくスライスすると辛味が抑えられますよ。
生姜Ca糖は紅茶にいれてジンジャーティーとして飲むのもお勧めです。

【レポート】第4回カルシウム勉強会

平素はユニカ食品をご愛顧いただき誠にありがとうございます。
ユニカ食品では新たな試みとして、日頃ユニカルをご愛顧頂いているお客様、販売店様、協力会社様などの垣根を越えてともにカルシウムの知識を深めていこう考え、その第一弾として毎月、カルシウム勉強会を開催しております。
今回は、第4回目です。その様子をレポートしたいと思います。

 

講義内容

 

第4回カルシウム勉強会
講師:斎藤 利之
講義内容:元気な子供になるには!

 

講義の様子

 

今回は前回に引き続き、弊社の斎藤 利之顧問が講師となり、「元気な子供になるには」をテーマに、子育てにおける成長の影響を中心に講義していただきました。
皆さんは、どのような子育てをされていますか?以下のようなことに心当たりがありませんか?
 
・頭ごなしに叱ってしまっている
・無理矢理、勉強や習い事を押し付けてしまっている
 
もし、以上のようなことに心当たりがある場合は、お子様の心の発達に悪影響が出てきてしまうそうです。 

0〜3才は母の愛情を与え、3?7才はお子様が興味を持った習い事を、無理矢理ではなく自発的に取り組めるように、専門的な運動系は『ゴールデンエイジ』と呼ばれる10?12才の時期に習わせると効果的なのだそうです。
ゴールデンエイジでは、神経系の発達がほぼ完成に近づく一方、身体形態的にもやや安定した時期に入り、動作の習得に対する準備も整い、さらに『可塑性』と呼ばれる脳・神経系の柔らかい性質も残しているという非常に特異な時期なので、スポーツを習得するには重要な時期です。

ゴールデンエイジは中学受験の時期にも重なるので、勉強かスポーツかを考える重要な時期だと、私は思います。講義の中では精神的に恵まれ、神経系が発達するお話が聞けたので、子育てをするときの参考にしたいと思いました。

 

その他

勉強会の終わりに、恒例になってきている骨密度測定とともにアンケートにお答えいただきました。多くのご意見、ご感想ありがとうございました。今後とも、是非皆様のご意見をお聞かせください。
 

【レポート】第3回カルシウム勉強会

平素はユニカ食品をご愛顧いただき誠にありがとうございます。
ユニカ食品では新たな試みとして、日頃ユニカルをご愛顧頂いているお客様、販売店様、協力会社様などの垣根を越えてともにカルシウムの知識を深めていこう考え、その第一弾として毎月、カルシウム勉強会を開催しております。
今回は、第3回目です。その様子をレポートしたいと思います。

講義内容

第3回カルシウム勉強会
講師  :斎藤 利之
講義内容:元気な高齢者になるためには!

講義の様子

今回は弊社の斎藤 利之顧問が講師となり、「元気な高齢者」をテーマに講義をさせていただきました。高齢化社会における、要介護の多くの原因が運動器疾患ということも有り、運動の継続で防げる点に皆様は大きな関心があったようです。今回は、講義だけでなく、ストレッチで体を動かし、皆さんも楽しそうにいろいろなストレッチを試していました。
日頃から行える食事・運動の改善を中心の講義、簡単な運動でお客様たちも笑顔がたくさんあふれ楽しく過ごせてもらえて大変うれしく思います。
講義の中に出てきましたが、皆さんはプロダクティビティという言葉ご存知でしたか?
“広い意味での生産的能力や意欲を指す。有償労働(家事など)、ボランティア活動、相互扶助、保健行動などが含まれる。”と言う意味です。特に男性の方々は、定年後、いろいろな活動を行う上でコミュニティの形成ができないまま地域の活動を行うことがあるので苦労することが多々あるようです。社会も大事ですが、私も将来のために地域の行事などの参加をしていきたいと思いました。

その他

勉強会の終わりに、恒例になってきている骨密度測定とともにアンケートにお答えいただきました。多くのご意見、ご感想ありがとうございました。今後とも、是非皆様のご意見をお聞かせください。

【レポート】第2回カルシウム勉強会

平素はユニカ食品をご愛顧いただき誠にありがとうございます。
ユニカ食品では新たな試みとして、日頃ユニカルをご愛顧頂いているお客様、販売店様、協力会社様などの垣根を越えてともにカルシウムの知識を深めていこう考え、その第一弾として毎月、カルシウム勉強会を開催しております。
今回は、第2回目です。その様子をレポートしたいと思います。

講義内容

第2回カルシウム勉強会
講師  :楊 榮展
講義内容:カルシウムと老化防止について

講義の様子

今回も弊社学術顧問の楊榮展医学博士が講師となり、「カルシウムと老化防止」をテーマに講義をさせていただきました。
今回のお客様は皆様女性の方でしたので、カルシウムと女性特有の体調管理についての話題には真剣に耳を傾けていらっしゃいました。
先生によれば、特に若い人々の食生活が変化し、その結果、現代人のカルシウム摂取量は低下しているそうです。
社員である私は、毎日のようにカルシウムの事を考えておりますが、楊先生の講義を聞きながら、改めて自分の食生活を見直してみようと感じました。

その他

・ショールームには弊社の歴代商品が並んでいるのですが、それがお客様の目に留まり色々とご質問をいただきました。終売となった商品なども並んでいるのですが、改めてご質問やご感想をいただいたことにより、新たな商品開発のためのヒントをいただけたように感じます。
・勉強会の終わりに、ご来場の皆様へ弊社社長西村から挨拶をさせていただきました。勉強会は我々社員とお客様が直接お話のできる貴重な機会でもあります。今後とも、是非皆様のご意見をお聞かせください。