丈夫な骨を作る会社です。

企業情報

会社概要 |  沿革 |  製造販売 |  OEM | 

カルシウムニュース

カルシウムニュース vol.5 2008年10月発行

社長インタビュー(1)
どうしたらカルシウム不足をなくせるのか

西村雅彦

「ユニカル カルシウム」は、牛乳の約1.35倍*という圧倒的な吸収率で世界7カ国で特許を持つ高品質のカルシウムです。今号では、商品の開発から製造・販売まで一貫して陣頭指揮をとる、ユニカ食品の西村雅彦社長に「ユニカル カルシウム」へのこだわりについてお話を伺いました。

ユニカ食品株式会社
代表取締役 西村 雅彦
1977年江崎グリコ入社。開発部で商品開発を行う。その後独立し、高吸収型カルシウムの開発を目的にユニカ食品株式会社を設立。現在に至る。


牛乳の約1.35倍*もの吸収率は長年の試行錯誤から生まれた

 まずはじめに「ユニカル=UNICAL」という名ですが、「ユニバーサル カルシウム」からきており、「ユニーク」、そして創業当時、原材料だった「ウニ (UNI)」の3つの意味を込めています。世界中のカルシウム不足を解消したいと思ってつけました。それは、カルシウムを研究し続けて、知れば知るほど「こんなに大切な栄養素はない」と実感したからです。
 私は1970年代の後半から食品開発の現場にいました。おいしくて健康によい食品、世の中の役に立つ食品を開発したいという思いは、その当時からずっと持ち続けています。日本人はずっとカルシウムが不足しているんですね。それを解消するにはどうしたらいいのか、カルシウムの会社を設立してからもずっと追究してきましたが、そこからわかったことは、吸収率の高いカルシウムをつくることでした。その最初の原材料が「ウニの殻」。その後、「牡蠣」や「ホタテ」を試していき、1〜2年かかったでしょうか、最終的な実験結果から「ホタテの貝殻」になったんです。

ユニカルカルシウムの3つのこだわり

おいしくなければ続かない。
食品としての基本をカルシウムに

 私が最初に入社したのは製菓会社でして、「人は、おいしくなければ続けて口にしない」ということを叩き込まれました。口にするカルシウムも同じこと。それなら不足気味で困っているお年寄りや、ケガをした人や成長期の子どもや妊娠中の女性が安心しておいしく飲める健康食品として売りだそうと考えました。
 「ユニカル カルシウム」を飲まれた方は、独特の酸味とほどよい甘さがあることをご存じと思いますが、あれは続けてお飲みいただくための工夫をしています。今までの「硬い」「まずい」「飲みにくい」というカルシウムのイメージを一新したかったんですね。
 私たちの体が必要としていて、食べたり飲んだりすることで補うのであれば、おいしさは重要な要素のひとつです。おいしさと飲みやすさは「続ける」につながっていくんです。

ホタテの貝殻とサメ軟骨抽出物で最高のカルシウムが生まれた

 カルシウムは人体に吸収されにくい栄養素です。そのため、がんばって大量の小魚を食べたり、牛乳をたくさん飲んだとしても、十分な量を摂取するのはなかなか難しい。日本の場合、成人は1日に600mgのカルシウムを摂るようにといわれていますが、実際にその量を摂取しても腸管でどれくらい吸収されるかが問題なのです。私たちは実験を重ね、サメの軟骨からの抽出物が有効なことがわかってきていました。さらに少しでも高い吸収率にするために試していくなかで、原材料をウニからホタテの貝殻に替えることにしたのです。
 ホタテは、毎年何万トンと水揚げされておりますが、ほとんどの貝殻は使用されません。そのため手に入りやすく、カルシウム分の高いものを再利用するという、なんとも一石二鳥の原材料だったのです。

カルシウムの体内吸収率の変化

 ちよっと難しい話になりますが、カルシウムを吸収する仕組みは、胃で胃酸によって「イオン化」(液体に溶けること)されたカルシウムだけが、腸管に入っていく。この率が高くないと、どんなにカルシウムを摂取しても時間とともに体の外に排出されてしまいます。
 だから私は、少量でもしっかりとカルシウムが摂れる商品づくりにこだわってきましたし、これからもどんどんそうしていくつもりです。


豆乳とチーズのとろ〜り鍋

チーズのコク、長いものねばりもまろやかな
冬にうれしい野菜たっぷりのごちそう。

「豆乳とチーズのとろ〜り鍋」

豆乳とチーズのとろ〜り鍋

寒い季節がやってきます。おいしい食事であたたまれたら、なんて幸せ!今号から、おもてなしにもなる簡単レシピの料理を紹介します。 横浜のご自宅で料理教室を主宰する波部幸子(はべさちこ)さんに、とっておきのカルシウム鍋を教えていただきました。ー日の疲れがとんでいくおいしさです!

●材料(2人分)
豆乳・・・200cc
コンソメスープ・・・200cc
ピザ用チーズ・・・150g
長いも・・・150g
鮭・・・2切れ
じゃがいも・・・1個
にんじん・・・1/2本
ブロッコリー・・・1/2株
プチトマト・・・6個
バケット・・・適量

●作り方
①鮮は皮をはぎ、一口大に切る。じやがいも、にんじんは一口大に切り、小房に分けたブロッコリーと一緒に茹でる。
②鍋に豆乳、コンソメスープ、鮭を入れて火にかけ、沸騰したらアクを取り、チーズとすりおろした長いもを加え、弱火で溶けるまで煮る。
③食卓に鍋を出し、好みの野菜、ーロ大に切ったバケットを串に刺し、からめながら食べる。

カルシウムを含む主な食品

 秋から冬が旬の食材、鮮・じゃがいも・にんじん・ブロッコリー。なめらかな口当りの豆乳にチーズが溶け込み、すりおろした長いもでヘルシーに仕上げたソースにからめて、チーズフォンデュ風にいただきます。
 鮭にはカルシウムの吸収を助けてくれる、ビタミンDも含まれていますから、塩焼きやム二工ルだけでなく、カルシウムたっぷりの豆乳やチーズといっしょに召し上がってください。野菜もおいしくたくさん摂れるので、育ち盛りのお子さんやお年寄りの方にも食べてほしい一品です。


カルシウムについて気になること、お答えします。

ユニカル カルシウム Q&A

みなさんからお寄せいただいた、カルシウムや商品に関する疑問・質問にお答えするコーナーです。

Q 「ユニカル カルシウム」が顆粒なのはどうして?

A 錠剤のカルシウムは、胃の中で溶けきらないことがあるという話を聞き、溶けやすい顆粒状にしました。レモン風味の酸味がだ液を出してそのままでも飲めますし、お年寄りが寝込んでいらっしゃるときでも水に溶かすようにして、飲んでいただくことができます。

Q 体内のカルシウムが消耗する原因は何ですか?

A 尿や汗として常に血液中のカルシウムは排泄されています。また私たちの血液は、カルシウムなどのミネラル成分により弱アルカリ性に保たれているのですが、肉・砂糖・アルコールなどの酸性食品を取り過ぎると、中和されて体外へ排泄されてしまうのです。さらに精神的なストレスもアドレナリン(酸性物質)分泌を促進するため、カルシウムが消耗されてしまいます。

Q 「ユニカル カルシウム」の原材料、ホタテの貝殻は国産ですか?

A はい、北海道産のホタテの貝殻を使っています。保存料や合成着色料、牛骨粉や乳糖などの牛素材も使用していません。牛乳アレルギーのあるお子様からご年配の方まで、安心してお飲みいただけます。

> カルシウムニュースの一覧

企業ヒストリー

研究結果および参考文献